• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  08:00 AM

アメリカの空港で、Wi-Fiを無料で捕まえるためのTips

アメリカの空港で、Wi-Fiを無料で捕まえるためのTips

090731airport_laptop.jpg
Photo by alex-s
ライフハッカー読者の方には、海外出張や旅行へ頻繁に出かけられる方も多いのではないかと思うのですが、空港の待ち時間ってどんなことをして時間をつぶしておられますでしょうか?

仕事の資料を見たり、携帯をいじったり、ビールを呑んだり、本を読んだり、ネットを見たりあたりが主流なのではないかと推測するのですが、大抵の場合、ネットは料金が発生してしまいますよね。

実はアメリカの空港には、無料のWi-Fiが飛んでいる場所が結構あるのです。 じゃん、とこんなに。

そんな中、一部の空港ではやはり有料の電波しか飛んでない場合もあり、2、3通メールを打ちたいだけなのに、これで料金が発生するのは正直言って微妙...という場合に、役に立つかも知れないライフハックをご紹介。例えばニューヨークのLaGauardia空港では「Boingo」という有料サービスが使えるのですが、Wise Breadブロガーであるシャロン・ハーヴェイ・ロゼンバーグさんは、まさにその有料サービスの壁に行く手を遮られているような状態でした。そこで彼女が目にしたのがギフトショップに置かれているフリークーポン。「15分間無料で使えます」と書かれたそのクーポンをたよりに、彼女はアクセスを試みるのですがそのコードではうまく行きませんでした。普通ならここであきらめるのですが、彼女はここでへこたれません。なんとカスタマーサービスへ電話をかけ、見事無料アクセスを勝ち取ったそうです!

この話から考えてみると、同じように有料サービスの壁をくぐり抜けるための鍵は2つ
 


  1. 空港のギフトショップで無料インターネットパスがないかどうか聞いてみる。
  2. パスがない場合、飛んでいるWi-Fiを捕まえ、そのウェブサイトを開き、そこにあるトールフリーの電話番号へ電話をかけます。カスタマーサービスの人が出たら「少しの間無料で使えるプロモーションコードがないかどうか」と聞いてみる。

という感じになるかと思います。

ちょっと聞いてみたら節約になる話って他にもたくさんあるかと思いますが、その一例としてアメリカの空港でのネット代節約術を紹介してみました。

ちなみにインターネットパスがないかどうか聞いてみるには、

Do you have coupons for free internet access?


と言ってみて下さい。英語が結構出来る方は最後に"or something like that."と付けるとこなれた感じがしてちょっとかっこいいですよ。

あればあったで得ですし、なくても何も失うものはないので、アメリカ出張へ頻繁にお出かけの方は参考にしてみて下さい。

他にも、URLの最後に?.jpgを付けることによってアクセス可能になる場合もあるそうです。詳しくは こちらの記事(英語)をどうぞ。

日本の空港でも使える、Wi-Fiハックがあれば、ぜひコメントで教えて下さい!


[Wise Bread]

Kevin Purdy (原文/まいるす・ゑびす)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.