• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  05:30 PM

本当に節約できるか"も"確認できるサイト

本当に節約できるか

090713newold01.jpg

5月から始まったエコポイント制度、その対象となる商品は「エアコン」「冷蔵庫」「地デジテレビ」となっています。不公平感や財源など、この制度自体の是非はありますが、この制度をきっかけに対象商品の購入を検討している方も多いかと思います。

そのポイント以外にも、エアコンや冷蔵庫であれば、電気代が安くなることを期待して買い換えを検討すると思います。と言っても店頭には、年間電気代の目安が表示されているだけで、いま使っているモノと比較して、どれだけ性能差があるのか分からず、詳しく知りたいと考える方が多いはずです。

そんな方には、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」がお勧めです。

続きは、以下で。


この「しんきゅうさん」は、環境省が作ったのですが、お役所クオリティとは思えない程で、かなり使えるサイトに仕上がっています。

私の場合、2000年に購入したエアコンの買換を検討していたので、さっそくサイトを使ってみました。いま使っているエアコンは、東芝の大清快「RAS-406PDR」で、買換を検討しているのは、パナソニックのエアロボ Xシリーズの「CS-X409A2」です。
新たなエアコンに、期待するのは、当然ながら省エネ性能(要は、電気代がどれだけ安くなるのか)と、面倒なフィルター掃除の自動化です。

さっそく、サイトの「くわしく比較」を使って性能比較してみます。

090713newold02.jpg

型番や細かな使用条件を設定した後の比較結果は、年間消費電力が165kWhから131kWhへ、年間電気代が3,630円から2,882円という結果になりました。半分くらいになるのかと見込んでいたのですが、思ったよりも性能差が無いようなので買換を見送りです。(笑)

このサイト、新旧の製品を並べて性能差を確認できるので、いま本当に購入すべきタイミングなのか判断する材料としても活用できます。サイトは、買換を促す為に作られたと思いますが、何でも使いようです。買換を検討している方は、賢く活用してみてはいかがでしょうか?


(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.