• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,  10:00 AM

短時間で考えを伝えるための、5つのコツ

短時間で考えを伝えるための、5つのコツ

090721elevator_pitch.jpg
Photo by Rennett Stowe
アメリカでは一般的に使われるエレベータピッチという言葉。ある起業家が偶然エレベータで乗り合わせた投資家に自分のビジネスプランを売り込んで見事出資金をゲットしたという逸話から生まれた語だそうで、15秒~1分程度でいつでもどこでも自分のビジネスを売り込めるようにしておくのが起業家の基本なのだとか。もちろん、起業家のみならず、ビジネスパーソンにとっても、就職や営業活動、企画のプレゼンテーションなどにおいて、この種のスキルを身につけておくことは大切です。

では、具体的にはどうすればよいのでしょう? 米ブログメディア「Harvard Business Blog」では習うより慣れろと説き、ポイントとして以下の5点を挙げています。
 


その1: シチュエーションを想定してシミュレーション

自分のことを15秒で最初から話せる人はそういない。何度でも練習しよう。次第に慣れてきて、どんな相手でも効果的に話せるようになる。座って話す場合、歩きながら話す場合、電話で話す場合、直接会って話す場合など、シチュエーション別に話し方や身振り手振りの練習をしておくことも大切。

その2: インパクトは大事

短時間で相手の心をつかむには、インパクトも大事。自分の持つ特徴をよりインパクトのある言葉で表してみよう。名キャッチコピーのなかにヒントが見つかるかもしれない。

その3: 一人称で自分の成果を語ろう

仕事ではチームプレーを求められることが多く他人とうまく折り合っていくことも大切だが、エレベータピッチのような短時間コミュニケーションでの主役はあくまでも自分。礼儀よく、自分の成果や能力について積極的に語ろう。

その4: ゆっくり落ち着いて

緊張した状態でできるだけ多くのことを言おうとすると、どうしても早口になりがち。ゆっくり落ち着いて話すことを心がけよう。

その5: チャンスはエレベータとは限らない

チャンスの場所は必ずしもエレベータとは限らない。親戚の集まりや病院の待合室、教会・寺の礼拝など、ここぞというときにエレベータピッチをやってみよう。思わぬチャンスがゲットできるかもしれない。


「謙虚は美徳」という文化も影響してか、日本では自己アピールが苦手な人も多いですね。とはいえ、自分のことを正当に伝え、相手にわかってもらうことはコミュニケーションの基本でもあります。効率的かつ効果的に自分を伝える技のひとつとしてエレベータピッチを少しカジってみるのもいいかもしれませんね。米Lifehacker過去記事「Craft a killer elevator pitch(エレベータピッチのコツ)」なども参考にしてみてください。


How to Perfect an Elevator Pitch About Yourself [Harvard Business Blog]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)
 

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.