• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,,  10:00 PM

モザイク写真が簡単にできてしまう『Foto-Mosaik-Edda』

モザイク写真が簡単にできてしまう『Foto-Mosaik-Edda』

090714_PhotoMosaics.jpg


モザイク写真を作ろうと思ったら、相当な時間を注ぎ込む覚悟が必要でした。ところが『Foto-Mosaik-Edda』を使えば、このマリリン・モンローの画像のような、きめ細やかな素晴らしいモザイク写真が簡単にできるのです。

『Foto-Mosaik-Edda』を使ってモザイク写真を作る時は、モザイク写真にしたい画像以外に、モザイクのタイルとなる画像が大量に必要です。枚数は多いに越したことは無いですが、2,000枚以上が望ましいようです。このマリリンのモザイク写真の場合は、1,800枚の画像を使って『Foto-Mosaik-Edda』で作りました。色んなタイプの写真を準備したお陰か、推奨枚数よりは少ないですが、かなり素晴らしい出来ですよね。

『Foto-Mosaik-Edda』を使う時は、まず始めに少々時間が掛かります。というのも、モザイクのタイルにする画像のディレクトリをアプリケーションに指定すると、そこにある画像をスキャンしてモザイクタイルの基本セットを作るのです。1,800枚の画像で大体15分くらい掛かりました。もし10,000枚以上画像をスキャンするのであれば、しばらくパソコンを離れて他のことでもした方がいいかもしれませんね。
 


タイル画像をスキャンしてしまえば、あとは本当に簡単です。モザイク写真にしたい画像を選んで、名前を付けて、タイル画像の枚数と仕上がりの解像度を指定すればOK。最終的な画像のサイズと解像度は、モザイク写真作りにどれだけパソコンを使えるかによって変わってくるでしょう。参考までに、マリリンのモザイク写真の場合は、2600×3300ピクセルのサイズで、8,000枚のタイル画像を使い、制作時間約15分で完成しました。

『Foto-Mosaik-Edda』は、Windowsのみ対応の無料アプリです。他にもオススメのモザイク写真作成ソフトや、モザイク写真の作り方を知っている人は、コメントで教えてくださいね。


Foto-Mosaik-Edda [via Gizmo's Freeware]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.