• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  01:00 PM

仕事から幸福感を奪う「ランニングマシーンの罠」にご用心

仕事から幸福感を奪う「ランニングマシーンの罠」にご用心

ライフハッカー過去記事「仕事における幸せはフレフレゾーンにある」や「自分が暮らしたい環境を見つけよう」では、仕事や日常生活と幸福感の関係について考えてみました。こちらはその続編。モチベーションの源と幸福感についてのお話です。
ロチェスター大学(University of Rochester)の心理学教授Edward Deci氏の研究チームでは、幸福感を向上させるうえで、他者との永続的な信頼関係の構築といった本質的価値に関する目標と、富や権力といった付帯的価値に関する目標が、それぞれどう作用するのかを検証しました。  

その結果、本質的な目標にコミットすればするほど目標達成しやすくなり、目標が達成できればより多くの幸福感が得られる一方、付帯的な価値を得ようとする目標に関しては、同様の幸福感が得られるとは認めれなかったそう。

既に言い古されたフレーズですが、富や名声は必ずしも人に幸福感をもたらすわけではないということのようです。もちろん、ローン返済や家賃の支払など実生活を営む上で必要なお金を稼ぐことは必要なことですが、富・名声・権力などの付帯的な価値に固執すると「ランニングマシーンの罠」にハマる恐れがあるのだとか。幸福感を感じることなく、ただひたすら働くだけになってしまうというわけです。

米誌「The Atlantic」最新号(2009年6月号)でも、1937年から米ハーバード大学の卒業生を対象に行っている研究「The Harvard Study of Adult Development」を引用し、別の観点から人間の幸福について論じています。この動画によると、人間にとっての幸せとは必ずしも自分だけに関することではなく、むしろ、他の人の役に立つなど他者との関係の中で感じるものと述べており、幸せとは愛と結論しています。米lifehacker記事の動画も下においておきますね。



動画によると、心身ともに健康を維持するためには幸福感が不可欠であり、幸福感を得るためには、本質的な価値に根付いた志を持つことが大切のようですね。「The Harvard Study of Adult Development」の研究に関する考察は、こちらのページもどうぞご参照ください。


What Makes Us Happy [The Atlantic]

Azadeh Ensha(原文/松岡由希子)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.