• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,,,  11:30 AM

どんな人でもフォトジェニックになれる16のテク

どんな人でもフォトジェニックになれる16のテク


カメラのレンズを向けられると、急に顔がこわばって引きつった笑顔で写真に写ってしまう人、結構多いのではないでしょうか。本当はすごくカッコイイ・カワイイ顔してるのに、写真に写るとそう見えない人もいますよね。かと思えば、取り立ててカッコイイ・カワイイ訳でも無いのに、すごく自然な笑顔で写真に写っている人は、2割増しくらいで良く見えたりします。今回は、そんなフォトジェニックになるテクをご紹介します。

(1)自分に似合う色の服を着る 自分の肌の色に合う色を着ると、顔色が良くキレイに見えます。逆に、肌に合わない色を着ると、実際よりも顔色が悪く見えたりするので最悪です。どんな色が自分に似合う色なのか、アレコレ試してみて調べておきましょう自分に似合う色探しのテクもありますので、ご参考までに。

続きは以下から。
 


(2)洋服選びはやり過ぎない 青いシャツを着て、青いデニムを履いたら、全身青人間になって顔も同化してしまいます。また、おしゃれ上級者以外は、全身柄物なんてもってのほかです。柄に顔が負けてしまいます。とにかく、洋服選びはほどほどが基本です。

(3)自分の欠点は隠すべし
カメラを向けられてその場でそのまま固まってしまったら、隠したいものがそのまま写って、写真写りも悪くなります。どんな時でも落ち着いて、寝癖でもホクロでも、写って欲しく無いものはサッとカメラから隠れるようにしましょう。

(4)自分のベストアングルを知る 悪い所を隠したら、次は良い所を全面に出せる、ベストアングルで写りましょう。とは言っても、どうやったら自分のベストアングルが見つけられるのか?デジカメを使って、色々な角度から撮ってみるのが一番です。その場ですぐに確認できるので、細かくアングルを変えて撮ってみて、自分が一番良く見えるアングルを見つけましょう。一昔前は、カメラに対して体を少し斜めにして、足を軽く一歩引いて写るのが美しい、なんて言われていましたが、顔つきも体型も違うのですからベストアングルも人それぞれです。
(5)二重あごは撲滅すべし カメラに対して少しだけ顔を上に傾け、さらに、カメラが自分の目線より少し上から撮られるようにします。これで二重あごは驚くほど効果的に隠せます。また、あごの下に手を置ける体勢なら、頬杖をつくように片手を顔の下に置きます。この時、実際に頬杖をついてはいけません。手に顔の重さを乗せると、顔の肉が手にくいこんでしまいます。それから、口の中で舌を上あごに付けるのも顔がスッキリ見えますよ。
(6)首を伸ばしてシワも伸ばす モデルさんが写真に写る時のテクとして、カメラに対して少し体を斜めにして写りますよね。その角度から、更に頭だけ少し傾けて首を伸ばすようにします。余りあごを突き出し過ぎないように、気持ちかしげるくらいでいいと思います。これで首のシワやたるみが無くなります。
(7)肩の力を抜いてリラックス 「はい、チーズ!」と言われて、そのまま固まったこわばった笑顔で写るから、なんだか変な顔になってしまうのです。自分は写真写りが悪いと思っている人は、多分カメラを前にすると緊張して身構えてしまうのでしょう。それが写真写りを悪くしているのです。写真を撮られると分かったら、深〜く息を吸って自然に吐きながら、肩の力を抜きます。息を吐きながら笑顔になれば、大体いい顔をしているはずです。息を止めると、それだけで緊張して見えて硬く写ってしまうので、ダメですよ。撮られていることに気付くのが遅れたとしても、慌てないこと。いきなりポーズを取ったりせずに、カメラの存在を無視するように、何事も無かったかのようにしていればいいのです。最初は完璧にできないかもしれませんが、カメラの前でリラックスできるようになると、表情がみるみる変わってきます。そうすると、おのずと良い写真が増えていきます。
(8)ハッピーなことを考える 不自然な作り笑顔は、硬く見えて時に不細工にすら見えます。写真を撮られるのを待っている間、顔の筋肉は変にこわばってしまいます。笑顔を長い時間キープしようとする必要はありません。何か面白いことやハッピーになるようなこと、もしくはそんな気分になれる人を思い浮かべていればいいのです。思わず吹き出して笑っちゃてもいいですよ。そうすると、本当に自然な笑顔になるはずです。もし、歯を見せた笑顔があまり好きじゃないという人は、口は軽く閉じたまま笑えばOK。歯を見せても見せなくても、自然とリラックスしたハッピーな笑顔は、キレイに写真に写ります。
(9)目もちゃんと笑うこと 顔が笑ってても目が笑ってない人って、ちょっとコワいですよね。笑っている目というのは、何よりも幸せそうで美しく見えます。ハッピー+ちょっと悪戯っぽい=最強の笑顔です。これを作るには、カメラを自分の大好きな人だと思ってください。これで目が大きく開いて、リラックスし笑顔になります。それに、いつでも無意識にこの笑顔が出ると思います。いつでもこのテクが使えるように、鏡の前でも日々是練習ですよ。
(10)背筋を伸ばしてキープする 子どもの頃、お母さんに言われませんでした?「ちゃんと背筋を伸ばしなさい!」って。姿勢が良いと、写真での印象がグッと良くなります。座っていても、立っていても、背筋がスッと伸びていれば、健康的でシャキッと見えます。そしてもちろん、ゆったりと呼吸をして、肩の力を抜くこともお忘れなく。普段から猫背気味の人は、背筋を伸ばしつつ硬くならないというのは難しいと思うので、これも鏡の前で練習しましょう。
(11)良いカメラマンを選ぼう プロのカメラマンというのは、その人の美しさをいかに引き出すかを知っています。もちろん、いつもプロのカメラマンに写真を撮ってもらえる訳ではありませんが、選べる時は少しでも良いカメラマンを選びましょう。例えば、お見合い写真みたいなものは、できるだけ最近の写真にしてください。いくらキレイに写っているからといって、何年も前の写真はダメですよ。今のあなたとあまり変わらない写真にしましょう。
(12)それでもダメなら補正する 色々やってみたものの、それでもいつも必ず良い写真が撮れるとは限りません。そういう時は、写真がデジタルデータなら、補正するのも一つの手です。例えば、光やフィルターの効果を掛けるだけで、顔色などは驚くほど良くなります。
(13)カメラを好きな人だと思いこむ フォトジェニックな人というのは、写真を撮られるのが好きな人でもあります。だから、カメラの前でも自然と幸せそうに笑っているのです。(9)でも同様のことを言っていますが、カメラが苦手な人は、カメラを好きな人だと思いましょう。好きな人がいない場合は、姪っ子でも、飼い犬でも、この際好きなものなら何でもいいです。とにかく、カメラのことが好きなんだー!と思い込むことが大事です。これ、意外と効きますよ。
(14)テカリは抑えること 鼻の頭や額のテカリを抑えるのは、実はとっても重要です。特に暑い日は、どんなに汗をかかない人も、カメラの前ではちょっと汗ばんだりしますので、撮られる前にチェックしましょう。
(15)口元は特にリラックス どんなに気分が落ち込んでいても、口元は緊張しないように緩めてください。それが自然でイキイキとして見える方法です。
(16)いい顔のバランスを癖付ける 自分の顔を鏡で見てください。これは、実際に写真に写る顔ではありません。もっと鏡で自分の顔をジーッと見てください。しばらくすると、段々"普段の"顔になるでしょう。それが、あなたが一番楽な顔です。次に、目は動かさずに、口元だけを動かします。歯を食いしばらずに、軽く上下の歯を合わせる感じです。自分の顔が暗いとか無表情だと感じたら、常にほんの少しだけ微笑むようにしましょう。さらに、目に少し力を入れて、気持ち大きく開くようにします。毎日数分間、鏡の前でこの練習をします。1ヶ月もすると、写真を撮られる時でも、自然とこの表情ができるようになるでしょう。

細かなテクニックを色々と紹介してきましたが、人が一番いい顔になるのは、ワクワクして自信にあふれた気持ちの時です。いつでもそんな気持ちでいられるように、楽しい毎日を送ってくださいね。


How To Be More Photogenic [wikiHow]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:的野裕子)
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.