• GIZMODO
  • Kotaku
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie
  • GIZMODO
  • lifehacker
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • TABROID
  • roomie

ゲストライターゲストライター  - ,,,  07:00 PM

遠隔地からオンラインで効率よく仕事をやる4つのコツ

遠隔地からオンラインで効率よく仕事をやる4つのコツ

090617web_commuting.jpg
Photo by Ed Yourdon.
ライフハッカーでは、過去記事「自宅の仕事でオンオフを切り替える10のコツ」など、オフィス以外で仕事をする場合のコツについて、数々のテーマを扱ってきました。

今回は、インターネットを通じて遠隔地から仕事をするためのコツとして、米Lifehackerの創始者・Gina Trapani直伝の4つのコツをご紹介します。

ポイントは、コミュニケーションスキルを向上させることと、オンラインのツールをうまく使いこなすことです。

1. メールのスキルを磨こう

オンラインで仕事する上で、メールは主たるコミュニケーションツール。明確に簡潔に書くことを心がけよう。得意先や上司からのメールは最優先させできるだけ早く返答すること。返答にはインライン機能を活用するとコミュニケーションがスムーズになる。また、同僚・部下からのメールにもきちんと返信することを忘れずに。

続きは以下にて。


2. IMやチャットでコミュニケーションできる状態にしよう

リアルタイムのコミュニケーションにはIM(インスタントメッセージ)やチャットはメールよりも効率的。「Googleトーク」や「Yahoo!メッセンジャー」などのオーソドックスなIMツールもいいが、「Campfire」といったウェブベースのグループチャットツールはIMアプリのインストールが不要なので便利。

3. 目的にあったオンラインツールを使おう

複数でファイル編集をする場合はオンラインツールが便利。作成するファイルの種類や目的に応じてツールを使い分けよう。たとえば、プロジェクト管理には「Basecamp」がお勧め。To Doリストの作成・編集や工程表の作成・共有、工数管理にも使える。同様のツールとしては「Pelotonics」もシンプルでグーだ。一方、一般的なオフィスファイル(表シートやドキュメント、スライドショーなど)の作成には「Google Docs」や「Zoho」がお勧め。ナレッジシェアにはwikiベースの「EditMe」や「PBworks」がよい。個人のスケジュール管理やタスク管理ツールとしては「Google Calendar」や「Remember the Milk」がある。

4. ボイスチャットやビデオチャットを設定しておく

オンラインでの仕事では、メールやIMなど、とかく文字ベースのコミュニケーションに頼りがち。とはいえ、実はオフィスの喫煙ルームや給湯室で重要なことが話されるケースが多いことを忘れてはいけない。ボイスチャットやビデオチャットを活用し、ときにはフェイス・トゥ・フェイスに近いコミュニケーションを心がけよう。

いかがでしたか?幸いにもオンラインには便利なツールがたくさんありますので、これらをうまく使いこなし、仕事の生産性向上につなげましょう。


Master the Art of Working Remotely [Harvard Business]

Adam Pash(原文/松岡由希子)
 

  • ,, - By matsuoLIKE

    ソーシャルアパートメントの住人に聞きました。「共有」と「プライベート」の境界線

    PR

    ソーシャルアパートメントの住人に聞きました。「共有」と「プライベート」の境界線

    ソーシャルアパートメントの住人に聞きました。「共有」と「プライベート」の境界線

    住居やオフィスを共有する人々が増えているいま、"所有するモノ"と"共有するモノ"の境界線が見直されてきているのではないでしょうか。一家団欒のアイテムであった時代を経て、ひとり1台になったテレビも、そのひとつ。パナソニックから発売されている家じゅう持ち運びができる小型テレビ「プライベート・ビエラ (T3シリーズ/防水・録画タイプ)」の魅力を知ると、小型のテレビを家族や仲間と共有することで、より良い  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended