• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:30 PM

[PR]「xfy planner」でG-Calを見える化してみる

Sponsored

[PR]「xfy planner」でG-Calを見える化してみる

090427xpygcal.JPG


先日紹介した「xfy planner」。最初に見たときは、「5インチFD2枚組みの一太郎Ver.3時代からのATOKユーザーといえども、G-Calから移行するのはちょっと...微妙だなぁ」などと思っていましたが、Google Calendarカレンダーサービス 連携機能for Planner(リフィル:Firefoxでいう「Add-On」)を使えばG-Calと連携できるそうじゃないですか。それなら話が早い。

というわけで、Googleカレンダーユーザーの私(上のキャプチャのように原稿の管理などなど、スケジュールのすべてを管理しています)が「xfy planner」を使って、どんなことができるのか試してみました。Google Calendarユーザーに贈る、「xfy planner」導入チュートリアルは以下に続きます。


「xfy planner」導入チュートリアル
(画像はクリックで拡大します)

1:
090427xpy01.JPG「xfy planner」を起動したらメニューの「ファイル」→「インポート」→「iCalendar形式(オンライン)」を選択

2:
090427xpy02.JPGカレンダーのURLを入力する欄が表示されます。

3:
090427xpy03.JPGGoogleカレンダーの方へマウスを移し、Googleカレンダーの「設定」→「カレンダー」タブから、「xfy planner」に移したいカレンダーを選択。今回は「ライフハッカー[日本版]」を選びました。

4:
090427xpy04.JPG共有設定を変更したくなかったので、「限定公開URL」を選択しました。「iCAL」のボタンをクリック。

5:
090427xpy05.JPGURLが表示されるので、コピーします。コピーしたらOKをクリック。

6:
090427xpy06.JPG「xfy planner」の画面に戻りURLをペーストしたら、「ダウンロード」をクリック。

7:
090427xpy07.JPGGoogleカレンダーのデータをダウンロードします。

8:
090427xpy08.JPGダウンロードが終了すると「インポート」ボタンが表示されるので、クリック。これでインポートは完了です。

カレンダーのリフィルで見るとGoogleカレンダーと大差ないですが、「xfy planner」の特徴である拡張機能を使うと、カレンダーに入力した予定を、さまざまな切り口から閲覧・整理することができます。

たとえば「緊急度×重要度」。

090427xpy10.JPG
※クリックで拡大

「それぞれのタスク(予定)がマトリクスのどこにあるか」を見れば、今すぐやるべきことと、そうでないことが一目で分かります。Googleカレンダーでは、すでに決定しているスケジュールを入力して管理するときには便利ですが、タスクにプライオリティを設定することができないので(重要度ごとにカレンダーを作る手もありますが)、重要度ごとにまとめて管理したい人には、このリフィルがかなり便利ですね。また、「重要度×緊急度」のリフィルでは、マトリクスの上でダブルクリックすると新規タスクが作成されます。「来週の★★★事項は...」と時期と重要度に応じて、タスク&スケジュールを設定したかった人には、細かいところですが重宝するところですね。


こちらは「フリーマッピング」。

090427xpy11.JPG
※クリックで拡大

マインドマップ風にタスクをグルーピングしたり、並べたりできます。「オリエンがあって会議があって、その後に営業と打ち合わせて、その後に...」というような、段階は分かっているけど期日がハッキリしない樹形図的スケジュールを作るときにも使えます。また、自分の業務を見直すときにもいいですね。「xfy planner」に取り込んだタスクを、「フリーマッピング」でグループ分けすると「どんな業務が多いか(=時間を割いているか)」が視覚化できます。これをもとに業務の時間配分について見直しするのもいいでしょう。

「xfy planner」は有料ですが月額300円~。1日あたりは約10円ですから、「Googleカレンダーのタスクを優先度順に見たり、樹形図で整理してみたい」と思ったことがあるなら、ちょっとの投資でそのフラストレーションを解消できるかと。まずは30日の試用版からお試しあれ。

 
xfy Plannerダウンロードページ, xfy Plannerコミュニティ, xfy Planner活用ポータル

(常山剛)


【関連記事】
[PR] 超「システム手帳」っぽいタスク管理ソフト『xfy Planner』
ブラウザ上でプロジェクト管理をおこなうツール「Gantter」
大事な目標に集中させるWebツール「TwoGoals Hones」
上司にいちいち報・連・相すれば、生産性が上がる?
スケジュール調整に使えるWebツール「WhichDateWorks」
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.