• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   05:30 PM

祝5周年!: Gmailの中の人にGmailでインタビュー

祝5周年!: Gmailの中の人にGmailでインタビュー

090402coleman-headshot.jpg

おまたせしました。Gmailチームのインタビュー記事です。

先日予告したとおり、米Lifehacker編集部のアダム・パッシュ記者はついに、Gmailシニアプロダクトマネージャーキース・コールマン氏にじっくりお話しを聞くことに成功しました、Gmailを通して、ですが。彼は2007年にもインタビューに答えてくれています。

では、早速始めましょう。

----------

090402gmail.jpg

ライフハッカー編集部(以下L) : 5歳になったGmailですが、まだベータのままですよね。

キース・コールマン(以下C) : そうですね。正式版へ向けて、作業を進めているスタッフはいるんですよ。ロゴをいじってるんじゃなくて、ちゃんと。
 


L : Gmailは、スレッド表示やアーカイブなど、Webメールのそれまでの概念を打ち破る機能を発表してきましたよね。5年前に始まった頃から、そういうことを考えていたのですか?

C : Gmailチームのゴールは、みんなが使いやすいメールツールを作り出す、というものです。チームのメンバーも、それぞれの経験を踏まえて、一からやってくれました。メールの歴史は30年あるわけですから、それを崩そうというつもりはなく、基本はそのままです。ただ、それまで当然のようにあった機能を、もう一度それでいいのかと考え直してみている、というわけです。その結果、ユーザーにとっては新しいカンバセーションビューやラベルが搭乗しました。Webメールにはつきものの、容量の心配もないですよね。他のGoogleのプロダクトでも同じですが、Gmailは厳しい要求にも耐えられる造りになっています。プロダクトが完成して一番最初に使うのはグーグラー(Google社員)なのですが、いつも限界まで試してみていますよ。どのプロダクトがヒットするかを予測するのは難しいですが、常に内部の人間の厳しい目がチェックしているので、発表するものには自信と誇りを持っています。改良は終わることがありません。内部、外部のユーザーからの要求が、何か大きなことしようという力になるのです。

L : 現段階では、使いやすくてかっこいい機能はGoogle Labsからきていますよね。Gmail Labsはどうなっていますか? グーグラー以外がLabsで新機能を開発するなんてことは将来ありますか?

C : Labsのゴールは、グーグラーだけでしていた新機能チェックを、世の中のみんなにも体験してもらおう、というものです。エンジニアには、最高のアイディアを生み出しもらい、それをできるだけ早くユーザーに届けたいと思っています。現在、20%ほど出来上がったプロジェクトと、完全な形になったプロジェクトを、43週で43個発表しています。まだまだ続きますよ。3月30日の段階ではGmail Labsは49言語で利用できるようになっています(※つい先日、Gmail日本版でも対応しました!)。

 

090402Gmail_labs.jpg

 
Labsのアーキテクチャは、どこからでも改良できるようになっているのですが、グーグラーでないと正しいアプローチができないような造りになっています。でも、外部の人の意見を聞くというのも、面白いなとは考えているんですよ。実際、カレンダーとDocsのガジェットは、ユーザーが好きなように加えられるようになっています。グーグラー以外にLabsの門戸を開くということでは、「Greasemonkey API」もありますよ。

L : この5年間で、行けると思ったのに実装に至らなかったものはありましたか? あったとしたら、それはなぜだったんですか?

C : 今やっている「Autopilot」は行けると思いますよ。

L : デスクトップバージョンのGmailはみんな欲しいと思うのですが、オフライン以外にも何か出てくると期待していいですか? 実際、何かプランはありますか?

C : 私たちはいつでも、新しいアーキテクチャのことを考えているのですよ。当時は新しかったAjaxも、去年書き直しましたしね。Googleとしての目標はブラウザをよりよくすることです。だからGmailオフラインは、インターネットにつながっていないときにWebサイトを動かすことができる、Gearsから始めたというわけです。私たちは、ブラウザでできることの限界を広げていきたいのです。オンラインでも、オフラインでも。つい2年前までは、今Gmailで使っているコードベースはほとんどのブラウザでサポートされてなかったんですよ。それがここ数カ月の間に、ブラウザのパフォーマンスはかなりよくなりました。同じようなことがモバイルデバイスにおいても起こっています。Ajaxサポートでよりよいパフォーマンス、さらにHTML5がスタンダードになってきていますよね。

 

090402offline-gmail.jpg

 
L : 前に、グーグラーたちは新しいGmail機能を先に試せると聞いたことがあるのですが、今でも、グーグラーたちの使うGmailと、私たち一般人が使うGmailには違いがあるんですか?

C : そうですよ。これは特権とも言えますが、Labsに出せるようになる前に調整しないといけませんからね。

L : ユーザーの立場から見ると、Gmailは去年飛躍的に向上したように感じます。特に、それまでに比べてずいぶんサクサク動くようになりましたよね。近いうちになにか改良されるものはありますか? Google Voiceとの融合とか。次の5年間でGmailはどういうふうに進化していくのでしょうか。

C : どんどん進化していきますから、引き続きGmailに注目していてください使ってみて、フィードバックも送ってくださいね。Gmailチームはちゃんとフィードバックを読んでいて、ユーザーの要求に応えようと日々努力しています。次に何がくるかですか。たくさんのアイディアとプロジェクトは常に出てきているのですが、いつも事前の発表はしないことにしているんです。前もって言ってしまったら、面白くないでしょう。あと、決まる前にはどれを発表していいのかわからない、ということもあります。チームの中で、どれをいつ発表しようと決めても、実際のところは時期がずれてしまったりしますしね。ということなので、常にエキサイティングなことをしているGmailチームにこれからも期待してください! 私たちはGoogleに来るフィードバック以外も読んでいるのですよ。Lifehackerも読んでいますよ。ここの読者はいいアイディアをコメントしてくれていますしね。

----------

どうでしたか? プロダクトマネージャーらしく、内部機密をこっそり教えてくれるなんてことはありませんでしたが、Gmailチームがこれからも何かやってくれそう、という「エキサイティング」な雰囲気は伝わってきましたね。みなさんのGmailへの思い、注文、期待などをコメント欄で教えてくださいね。


Adam Pash(原文/訳:山内純子)

 
【関連記事】
Gmailが5歳の誕生日を迎えました!
Gmailの知られざる便利な機能10選
Gmail Labsの新タスクマネージャーでTo-Doリストにeメールを追加
Google AppsのGmailでもLabsが使えるようになりました
Gmailで追加してほしい機能
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.