• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,  08:00 PM

飛行機から見た感動の景色をPhotoshopで忠実に再現する

飛行機から見た感動の景色をPhotoshopで忠実に再現する

090312_IPTFA_01.jpg


飛行機に乗ると、普段は見られないようなバードビューな景色が見られて、思わず写真を撮る人も多いと思います。でも、飛行機の窓を通して撮った写真は、結局曇って色褪せていて、感動も一緒に色褪せそうでガッカリ...なんてことも。

Helen Bradley氏は、飛行機から撮った写真をPhotoshopでキレイに補正する方法を、自身のブログで詳しく説明しています。


1.写真をPhotoshopで開いて、背景レイヤーを複製する。

090312_IPTFA_02.jpg2.新規調整レイヤー「レベル補正」を作成して、右にある白のスライドと、左にある黒のスライドを、それぞれ真ん中の方に寄せる。中央のグラフが盛り上がっているところの端辺りまで。

3.新規調整レイヤー「トーンカーブ」を作成して、レッドを少し上げ、グリーンも少し上げる。ブルーはほとんど調整しなくても大丈夫。これは写真によって変わってくるので、自分で色味を確認しながら。

4.新規レイヤー(ここは普通のレイヤー)を作成して、グラデーションツールで上から黒→白になるように塗りつぶす。このレイヤーを「焼き込みカラー」にして、不透明度を下げて写真のコントラストを調整する。飛行機から撮った写真にありがちなコントラストが調整される。

5.最後にもう一度、新規調整レイヤーを作成。PhotoshopのバージョンがCS3かCS4の場合は「明るさ・コントラスト」、CS2またはそれ以前の場合は「トーンカーブ」を作成。
※間違っても、CS2・それ以前のバージョンで、「イメージ > 色調補正 > 明るさ・コントラスト」を使わないこと。これを使うと画像自体を補正してしまうので、間違った場合にダメージが大きい。

6.1〜5までのレイヤーをすべて合成して「フィルタ > シャープ > アンシャープマスク」を選ぶ。半径は0.5〜1の間、しきい値は10以下で調整する。

Helenは、『Picasa』の「I'm Feeling Lucky」(写真補正機能)では、あまり満足のいく結果が得られなかったらしく、せっかくの貴重な機上からの写真なので、細部まできちんと掘り起こしてあげたかったそうです。他にも写真の補正に関するTIPSやアイデアがあれば、コメントで教えてくださいね。


Helen Bradley(原文/訳:mato)


【関連記事】
予算0円!デジカメをピンホールカメラに変える方法
『Imagebam』で一括アップロード、無料画像ホスト
『CleVR』でパノラマ写真を簡単作成(無料)
光ファイバーを使って、リングフラッシュをDIY
画像補正は『PhotoPerfect』にお任せ!プリセット機能でラクラク編集
 


UPDATE:リンク切れ箇所を修正しました。ご指摘コメントありがとうございます!

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.