• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,,,  01:00 PM

Nike+iPhoneより使える!『RunKeeper』の魅力

Nike+iPhoneより使える!『RunKeeper』の魅力

090309_01504x_Fullscreen.jpg


iPod nanoのフィットネス記録プログラムを使っていたライフハッカー編集部のアダム・パッシュさんにとって「Nike+がiPhoneについてくる」という話はとても嬉しいニュースでしたが、それは実現しませんでした。でも、その代わりとして使えるアプリ『RunKeeper』は、期待していた以上の出来映えだそうです。

ライフハッカーでも今まで他の「Nike+」の代わりとして『RunKeeper』を紹介し、「how to roll your own Nike+ iPhone for free」という記事で詳しく使い方を紹介しました。でもその後、『RunKeeper』はさらなる便利な機能を搭載してきたので、紹介したいと思います。

画面キャプチャと詳細解説は、以下にて。
 


090309_02504x_mail.jpeg

090309_03504x_mail-2.jpeg

090309_04504x_RunKeeper___Edit_Your_Profile.jpg


090309_05504x_mail-1.jpeg

090309_06504x_RunKeeper___Dashboard.jpg


まず、この『RunKeeper』のアプリは以前より使いやすくなりました。走った場所を地図に記す機能が以前より正確になり、さらに、そのルートをGoogle Mapsに組み込む機能もついています(これは「Nike+」はまだできないこと)。

また、App Storeで買えるpro version(プロ・バージョン:お値段は10ドル)には音声読み上げ機能がプラス。初期設定では、5分ごとにあなたが何メートル走ったかを音声で教えてくれます (つまり「Five minutes completed(5分経過)」といった声がかかるというわけです) 。また、走っている時にスクリーンを叩くと、いつでもあなたの状態(ペース、距離、時間など)を、読み上げてくれます。これで、走っている間にスクリーンを見る必要がなくなります。またTwitterとも連動していて、最新の運動の内容を更新することもできます。

『RunKeeper』には広告つきの無料バージョンも。10ドル(日本では1200円)のプロバージョンは広告なしです。10ドルという値段は、機能を考えると悪くない値段ですが、お金を使いたくない人は、無料バージョンでも音声読み上げ以外の全ての機能がついているので、無料バージョンをダウンロードしてみるのがおすすめです。

たった1つ、残念なのは『RunKeeper』のウェブサイトの見た目。Nike+に比べて、ちょっと古い感じがします。

『RunKeeper』を既に使っている人、使ってみた、という人はぜひコメントをお願いします。なお『RunKeeper』はGPS機能が必要なので iPhone 3G のみ対応です。


【 iTunes で「RunKeeper Free」の詳細を見る 】
【 iTunes で「RunKeeper Pro」の詳細を見る 】

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)



【関連記事】
効果的に鬱憤を晴らす、6つの手段
まとめ:秋だ! いまこそ 腕立て伏せ !
好きな音楽を聞くと心臓にいい
フィットネス支援サイト「Gyminee」でダイエット
「スーパーマンエクササイズ」で重力に負けないぞ
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.