• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:30 AM

睡眠不足でデートに臨む5つのデメリット

睡眠不足でデートに臨む5つのデメリット

090316renai.jpg
Photo by hsohei


睡眠不足には、健康への影響や仕事の非効率化などが知られています。では、睡眠不足は、恋愛においてはどのような影響を与えるのでしょうか。今回は、デートに関する影響について考察し、「睡眠不足でデートに臨む5つのデメリット」をご紹介させて頂きます。

【1】女の子のワガママに応えられなくなる

サンホセ州立大学の調査によると、睡眠時間の短い人ほど競争的で、他人と衝突しがちな傾向にあることがわかったそうです。睡眠不足の状態で、女の子からのワガママを言われた場合、イライラし、ケンカとなる可能性があります。女の子のガワママを許容するためにも、十分な睡眠を確保するようにしましょう。

気になる、残り4つのデメリットは以下にて。
 


【2】会話に集中できなくなる

睡眠不足になると集中力が極端に低下すると言われています。デートにおいても、相手の話を聞く際には集中力を必要となります。睡眠不足で、集中力が低下している状況では、円滑なコミュニケーションができず、女の子を楽しませることできなくなります。また、寝不足自慢などの会話も控えた方が懸命です。女の子からの評価が下がってしまう可能性があります。

参考:寝不足自慢しない方が良い5つの理由(スゴレン)

【3】デートに遅刻する恐れがある

身体が睡眠を欲している状態は、寝坊してしまうリスクも発生します。デートでの遅刻は、信頼を大きく失うことになります。女の子の信頼を保つためにも、十分な睡眠を取り、寝坊しないことを心掛けましょう。もし、デートに遅刻しそうな場合には、できるだけ早く遅刻してしまうことを連絡し、到着後は誠意を持って謝りましょう

参考:デートに遅刻してしまった時の謝り方(スゴレン)

【4】見た目が損なわれる可能性がある

睡眠不足によって、顔色が悪くなり、見た目が損なわれる可能性があります。カッコイイ服装と同じくらい顔色も重要です。また、肥満という形で、見た目が損なわれる可能性もあります。コロンビア大学のNational Health and Nutrition Examination Survey を基にした研究発表では,平均睡眠時間が4時間以下の人は,望ましいとされている平均睡眠時間7時間の人に比べて73%も肥満になる確率が高く,睡眠時間が5時間の人は50%,睡眠時間が6時間の人は23%肥満になる確率が高くなる発表されています。睡眠不足によって、将来的に肥満となる可能性も高まる可能性もあるので注意が必要となります。

参考:肥満が恋愛に不利となる5つの理由

【5】食事を楽しむことができなくなる

睡眠不足が慢性化することによって、食欲をコントロールするホルモンのバランスが崩れると考えられています。結果として、デートで食事を摂るタイミングにおいて、心から食事を楽しむことができなくなる可能性があります。お腹の減っていない相手との食事は、食欲を満たされた感動を共有できないため、女の子を大変寂しい気持ちにさせるリスクがあります。一緒に食事を楽しめるように、しっかりと睡眠を取る必要がありそうです。

参考:睡眠不足だとダイエットも上手くいかない(健康AllDigest)

皆様は睡眠不足でデートをしたとき、どのような失敗をしたことがあるのでしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。


(スゴレン)


【関連記事】
金曜の夜を10倍楽しくする方法
「失礼な男」から学ぶ正しい合コンの参加方法12パターン
紅茶を美味しく飲むコツ
男なら知っておきたい「女性が体重を気にする」3つの背景
初デートを90%以上の確率で失敗させる「禁断の話題」
 

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.