• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   10:00 AM

仕事の効率が上がる、手書きリスト管理術Autofocus

仕事の効率が上がる、手書きリスト管理術Autofocus


個人のスケジュールや身のまわりの整理整頓を専門としているマーク・フォースターさんが考えた「Autofocus」というリスト管理術は、なかなか便利です。仕事を効率よく進めたいという人は、週明けの月曜日からぜひやってみてください。

この方法は、山積みの仕事を効率よく、速く進めたい人向けの方法で、使うのは線の入ったノート(1ページあたり25〜35行が理想)とペン。これだけです。ノートにはやることを1行ずつ書き込み、新しくやることが出てきたら、そのたびに付け加えます。詳しいやり方はこちら。

  1. まずリストにあげた「やること」すべてに目を通します (何にもまだ手をつけないように)。

  2. もう一度ゆっくりと目を通します。するとリストの中で気になる項目があるはずです。

  3. その項目を実行します (やりたくなくなるまで)。

  4. その項目に取りかかるのをやめた時点で、一旦その項目に棒線をひきます。 まだ終わっていなかったら、リストの最後にもう一度書くように。

  5. この方法で、1ページ進めます。 1ページ分すべてリストが埋まるまで最後の行まで書き終わるまで、次のページに進まないように。

  6. 1ぺージ埋まったら次のページに進み、同じことを繰り返します。

  7. 1ページ目のほうをみてどれもやる気が出なかったら、 その項目すべてを2ページ目の終わりにあたらしく付け足します。1ぺ−ジ書き終わったあとに項目を見直し、やる気が出ない、ピンとこない内容があったら、その内容は次のページには入れず、蛍光ペンで印をつけておきましょう。ただし、入れないことを決める前に「なぜ入れないことにするのか(まだタイミングが早すぎる、目標達成にはそこまで関係ないなど)」をしっかり検討し、納得してください。蛍光ペンで印をつけることで、後で見直す時に役立ちます。

  8. 見開きのページがほぼ埋まったら、次のページを開き、 同じ作業を繰り返します。

この作業は、大きな「ToDoリスト」を毎日更新するような感覚で進めるといいと思います。ちなみに、この方法でやるときの注意点がいくつかあったので、その一部を紹介します。

  • この方法の効果を信じて、やってみること。
  • 常識的に考えて急な案件が来た場合は、それを片付けること。
  • それぞれの項目が片付くスピードは違うことを肝に銘じておくこと。すぐに終わることもあれば、なかなか片付かない項目もあります(仕事で問題なければ、ですが)。
  • 「〜について考える」「〜を話し合う」などクリエイティブな活動も入れること。
  • 家、職場など場所ごとにノートを作って管理すること。

ネタもとにはこの「Autofocus」を実際に体験した人からのコメントが、たくさん載っているのですが「とてもシンプルで、整理しやすく、具体的に目に見えるのが良い」という意見が多数でしたよ。より詳しく知りたい人は、ぜひネタもとを読んでみてください。


Autofocus System - Get Everything Done [MarkForster.net]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:阿久津美穂)

 
※ ご指摘を受けて修正を加えました。コメントありがとうございます!

 
【関連記事】
MSの無料ホスティングサービス「Microsoft Office Live Small Business」を知ってるかい?
業務終了時間を決めて生産性を上げる!
辞書型マクラ
サクッとTo-Doリストを作れるサイト「Printable Checklist」
仕事に役立つノートブック「mind.Depositor 2」
 


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.