• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

Windows 7のショートカットがXPやVistaでも使える『Windows 7 Shortcuts』

Windows 7のショートカットがXPやVistaでも使える『Windows 7 Shortcuts』

090120peek-through.png

※画像クリックで拡大

Windowsのみ : 先日Windows 7で使える超便利キーボードショートカットをご紹介しましたが、Windows 7のキーボードショートカットが気にいったという方、何気にかなり多いのでは?

Windows 7へすぐに乗り換える気はないけれど、これらの便利そうなショートカットは使いたい、と思うのがひとの心...。「ならばその願い叶えてみせましょう」と、ライフハッカーの読者Rupertさんが『AutoHotKey』を駆使し、XP・VistaでWindows 7のショートカットが使えるようになるスクリプトを作ってくれました! 

このスクリプトを使うと、下記のショートカットが使用できるようになりますよ。
 


  • Win+<←>/<→> : モニターの側面にウィンドウを固定
  • Win+<↑>: アクティブウィンドウの最大化
  • Win+<↓> : ウィンドウの最小化/最大化されているウィンドウの復元
  • Win+スペース : 全ウィンドウを透明にし、デスクトップが見える状態になる。
  • Win+Home : アクティブウィンドウ以外の全てをクリア


090120dl.jpg『AutoHotKey』をすでに使っている方は、ソース をゲットしたらいつも使っているスクリプトにペロリンチョと貼ってお使い下さい。

まだ『AutoHotKey』未経験なウブなあなたは上のダウンロードリンクをクリックしてEXEをダウンロードし、まだ見ぬAutoHotKey+Windows 7の世界をご堪能下さい!

Windows 7 Shortcutsは、Windowsのみのフリーダウンロードです。

■ リリース履歴

Version 0.3
更新内容 :
・トレインアイコンメニューのpreference optionからhotkeyを変更することが可能に。
・Win+Spaceが正しく作動し、キーを離すまでちゃんとウィンドウが透明表示されるように。
・Win+Homeがちゃんと作動し、アクティブウィンドウ以外を最小化出来るように。

バグ修正 :
・ユーザがデスクトップを固定、最小化出来るようにバグを修正。
・ウィンドウが復元される代わりに最小化されるというバグを修正。

Version 0.1初期リリース

  Adam Pash(原文/まいるす・ゑびす)

 
【関連記事】
Windows 7で使える超便利キーボードショートカット
Windows 7のデスクトップ表示機能をXP/Vistaにもたらす「AeroPeek」(無料)
Windows 7のウィンドウ振り分け機能をVistaやXPに搭載(無料)
Windows VistaサイドバーをXPで使う方法
Windows 7 β版のダウンロード数制限を撤廃(現地時間24日まで)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.