• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  01:00 PM

2回ググると、お茶1杯のお湯を沸かすのと同じCO2が発生する! 

2回ググると、お茶1杯のお湯を沸かすのと同じCO2が発生する! 

090114tea_kettle.jpgこれが、ハーバード大学の研究で明らかになったと『Times of London』の記事に載っています。この記事によると、1回のGoogle検索で7gのCO2が排出されるそうです。お茶1杯分のお湯を沸かす時に発生するCO2が15gなので、ここから計算すると、Google検索2回分がお湯を沸かす時のCO2とほぼ同じ、というわけです。ちなみに、これだけの量のCO2が検索で排出される理由は、Googleの検索では検索内容が複数のサーバーに送られているから、とのこと。

この議論に対してグーグル社は自分たちの計算方法を使って反論しています(詳しくはこちら)。

Googleでは、エネルギー効率が良いデータセンターを建設したので、1回のGoogle検索で発生するCO2は0.2gです。EUで普通車から排出されるCO2は1kmあたり140gですが、ほとんどの車はまだそのレベルに達していません。よって、普通車が1km走る時に出るCO2は、Google検索1000回分で発生するCO2の量にあたります

次にお茶を飲みながらネット検索をするときは、Googleとハーバード大学の研究者のどちらが正しいか、想いを馳せてみましょう。


Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)


【関連記事】
一石四鳥な「ハンディ・ソーラー・キット」
緊急発電機としてプリウスを使用
あえて無電源という選択:燃料カイロ
Googleが教える、ハロウィンにエネルギーとお金を節約する方法
破れたストッキングを憎むべからず
 


MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.