• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  04:00 PM

2008年のTOP25曲をひとつの作品にマッシュアップ!

2008年のTOP25曲をひとつの作品にマッシュアップ!

090105united-state-of-pop-2008.jpg仕事始めの一日には、こんなネタもアリでしょう。

DJイヤーウォームが、2008年ビルボードTOP25の曲をマッシュアップ。ひとつの作品として昇華しました。題して、「The United State of Pop 2008」。たった5分の視聴で、2008年のヒットチューンを全部聴いた気になれますよ。

とても豪華に仕上がった動画は、以下にてどうぞ!
 


 
DJイヤーウォームいわく;

2008年のチャートは、かなりナンパな感じでしたね。よりセクシーで挑戦的になったけど、一昨年に比べてマッチョさが減ったかな。そういう意味で、この作品のベースラインとしてColdplayの「Viva La Vida」をセレクト。おかげで交響曲的な雰囲気にすることができたよ。だから、このエディットは「Viva La Pop」と呼んでいるんだ。新しい編曲のものも、またすぐに作っちゃうよ。

ちなみにこの作品に使用されている、2008年のTOP25はこちら。

  • Flo Rida Featuring T-Pain - Low

  • Leona Lewis - Bleeding Love

  • Alicia Keys - No One

  • Lil Wayne Featuring Static Major - Lollipop

  • Timbaland Featuring OneRepublic - Apologize

  • Jordin Sparks Duet With Chris Brown - No Air

  • Sara Bareilles - Love Song

  • Usher Featuring Young Jeezy - Love in This Club

  • Chris Brown - With You

  • Chris Brown - Forever

  • Ray J & Yung Berg - Sexy Can I

  • Rihanna - Take a Bow

  • Coldplay - Viva La Vida

  • Katy Perry - I Kissed a Girl

  • T.I. - Whatever You Like

  • Rihanna - Disturbia

  • Rihanna - Don't Stop the Music

  • Natasha Bedingfield - Pocketful of Sunshine

  • Chris Brown Featuring T-Pain - Kiss Kiss

  • Ne-Yo - Closer

  • Colbie Caillat - Bubbly

  • Mariah Carey - Touch My Body

  • Madonna Featuring Justin Timberlake - 4 Minutes

  • Pink - So What

  • Finger Eleven - Paralyzer

さて今年は、どんな曲がヒットチャートを賑わせてくれんですかね?

 
The United State of Pop 2008 via WAXY

Gina Trapani(原文/オサダシン)

 
【関連記事】
あなた好みの曲を教えてくれる検索エンジン「Mufin」
「Simplify Media」でiTunesライブラリの全ての曲がiPhoneで再生できる!
【アンケート】Geniusは一体ナンボのもんじゃろか?
iPhoneのイヤホンに第3のショートカットが!
クリスマスチューンのMP3を無料でダウンロード
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.