• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,,  08:00 PM

ゴミ箱漁り という エコ活動:マーコ・マンリケズ氏インタビュー

ゴミ箱漁り という エコ活動:マーコ・マンリケズ氏インタビュー

081226freegan01.jpg

photo by electromute.

マーコ・マンリケズ氏は「反大量消費社会的キッチンライフ(The Freegan Kitchen)」(参照:wiki[英語])の最初の提唱者です。そのサイト「The Freegan Kitchen」は、無料の食料クッキングをプロモート。彼は、食べ残しの入ったごみバケツを漁り続けて、はや3年になります。

その結果、彼のライフ・スタイルは、環境により優しく、社会的により責任のあるものになった、という両面において向上したといえるでしょう。私(ケリー・アボット) 自身は、彼と共通の友人を通じて、最近「反大量消費社会運動」に目覚めました。そして、マーコがいかにして、食品ビジネスの広大な網の目の罠から逃れてきたのか、ということについてインタビューをすることができました。

インタビューの詳細は、以下にて。
  


筆者(ケリー・アボット) : いつ頃から、反大量消費的ライフ・スタイルに初めて興味を持ち始めたのですか? また、その何があなたをそこまで魅了したのでしょう?

マーコ・マンリケズ : 僕は、いつも自分を環境保護論者と位置づけています(ま、同時にちょっとケチケチ主義者でもあるんだけどね)。だから、反大量消費的ライフ・スタイルは、僕にとっては自然なことに思えたのです。僕の友だちは、ゴミバケツ缶から、素晴らしいものをいつも見つけていたからね。モチロン、食べ物も。
最初は、そのどれもが本当に食べられるものなのかどうか、心配だったよ。恐る恐る、ほんの少しかじってみただけだった。でもね、僕はびっくりしたんだ、普通に食べられる完璧な食べ物がどれほど捨てられてるのか、ってことに(控えめに見積もっても14%ほどでしょう)。そして、誰もそのことを知らないんです。ほとんどのゴミは文字通り埋立地に埋没してしまっていて、堆肥化もされないし、エコ・システムへ還元されることもないのです。
そのことに私は非常に憤りを感じています。アメリカ合衆国は、巨大な消費欲の文化にまみれてしまっています(明らかに)---僕たちはあまりにも大量に消費していますが(そして無駄にしている)、それによって決して私たちの欲望は満足させられていないように思えます。とにかく何でもかんでも、購入したいという衝動が強烈すぎて、まだほんの小さい子どもの頃からひっきりなしに消費の衝動に晒され、その欲望を疑うことは滅多にありません。
私は、この発見を他の人と共有したかったのです。消費メディア・バブルを皮肉るため、そして同時に循環型環境維持の形のオルタナティブに力を与えるため、その両方への道しるべのために、「The Freegan Kitchen」を作り上げました。

 

081226freegan02.jpg


廃棄食品再利用ビリヤニ(インド風炊き込みご飯)
photo by Monka.

筆者 : もし、ゴミ箱生活を大学で始めたとしたら、それはラ・ホイララ・ホヤ地区だったでしょうか、それともサン・ディエゴ地区だったでしょうか? もしそうだとしたら、特に、どこの場所でやったでしょう、またどのような問題にぶちあたることになったでしょう?

マーコ・マンリケズ : そうですね、反大量消費社会的ライフスタイルは、それが成功した場合、その成功が犠牲を伴う、という問題を抱えています。つまり、ゴミ箱の多くはフェンスに囲われてしまい、鍵をかけられてしまう、ということです。ラ・ホイララ・ホヤ地区のホール・フーズ(訳注:高級スーパーマーケット)が、良い例です。そこのゴミ箱は、きっちりと安全錠がかけられてしまっています。ホール・フーズのようなグリーンな企業が、表向きは環境によいことを訴えて、その裏では違ったスタンスでいる、というのは実に皮肉に満ちていると思います。今現在、僕はウェブのモバイル/PALMのツール用アプリケーションを作っていますが、それは、反大量消費社会的ライフスタイルの実践者たちがこの問題を解決するのに役立つものになるでしょう。僕は、このアプリを「アースデー」に間に合うように発表できたらいいな、と思っています。

筆者 : 反大量消費社会的ライフスタイルは、何年ぐらい続けているのですか?

マーコ・マンリケズ : 反大量消費社会的ライフスタイルというものを発見したのは、だいたい2005年(3年前)になります。そして、僕は人生を通じて、実際にはずっと環境主義者です。僕が小学校1年生で、有害な廃棄物とゴミをフィルタリングしてくれる海を旅するよりも、潜水艦のスケッチをしていたときに、僕は環境主義者であることをスタートした、と思っています。僕は、ちょっとおかしな子どもだったんですよ、ははは。

筆者 : なぜ、反大量消費社会的ライフスタイルを選択したのでしょう?

マーコ・マンリケズ : 食べ物を無駄にすること、そして環境を傷つけることは、インモラルなことである、と僕は思います。したがって、反大量消費社会的ライフスタイルは、より端的に、また環境主義的に/循環型環境維持的に、上位の感覚としてライフ・スタイルの選択である、ということです。教条主義的あるいは偏執狂的になることなく、循環型環境維持に熱心である、というふうに僕自身を位置づけることができたら幸せですね。

 

081226freegan03.jpg


反大量消費社会的アイスクリーム 
photo by doubledareya.

筆者 : ゴミ箱漁りの極意について、説明してもらえますか? 初心者にどんなアドバイスがあるでしょうか?

マーコ・マンリケズ : 最初にゴミ箱漁りを始めるときには、はっきりいって楽しいし、大急ぎです。その上、何が見つけられるのかサッパリ見当も付きません。まるでハイエナの狩りみたいです。特に、芸術学校の学生や、クリエイティブな精神をもった人たちにとって、新鮮で生の素材を見つけて、それを芸術的なものにサルベージする、という活動は、非常に役立つ経験でしょう。というのも、ゴミ箱の中には、ありとあらゆる種類の、ハンパな残し端やきれっぱしが溢れているからです。あなたは、それを名づけるかもしれません。チャンスは、そこかのゴミ箱の中に眠っているのです。大学のキャンパスや、富裕地区は、家具、家庭用品、電化製品の金山といえるでしょう。ただし、このエリアでは、食べ物は一か八かで見つけられるかどうかわからないものです。以下、私が得た、役立つ教訓です。

ゴミ漁りのエチケット

  • 静かに、ひっそりと

  • 後のことを考えて---ゴミを残さぬように

  • もし、価値があるけれども自分には不必要なものを見つけたときには、それを次のお仲間のために、そのまま残しておこう

  • 懐中電灯かヘッド・ランプをもっていくこと

  • オーガニック食品は、PLU(値段コード)の中で「9」から始まっています。普通の食べ物は「4」から始まっています

  • ポケット・ナイフもすごく便利

  • 戦利品を運べるようにバッグか何かを持っていこう

  • グローブがあれば便利です

  • 早朝または深夜にいくといいです

  • もし従業員から立ち去るように言われたら、決して言い返さず、次のゴミ場へ移動すること

  • もしおかしな臭いがしたりおかしく見えるようだったら、それは多分、そのとおり腐っています

  • 戦利品をブラシでごしごしすっかり洗おう(僕は重曹を使うのも好きです)

筆者 : 食べ物に関して、見つけ出してきたものに飽きてしまうことはありませんか? いつもいろんな種類の食べ物があるのでしょうか? もしゴミ箱が空っぽだったらどうするのですか?

マーコ・マンリケズ : そうでもないですよ。生きていくために必要なものは、どんなものでもほとんどだいたい見つけることができます。それも全部、ゴミ箱の中に、誰かが捨ててしまったものなんですけどね。それには、以下のようなものも含まれますが、それに限定されることなく、もっといろいろ見つかります。家具、電化製品、コンピュータ、モニター、掃除機、食べ物、衣類、本、未開封のアルコール飲料(僕の友だちはこれに関しては僕よりラッキーです)。僕の家の家具のほとんどは、通りに捨ててあったものです。僕たちは、大学のキャンパスを見て回るのが大好きだし(サンディエゴ州立大学の学生寮のあたりは特に)、特に学期の始まりと終わりの時期は大収穫です。まさに金山。僕個人は、テレビ、モニター、コンピュータ、掃除機、スピーカー、本棚、調理器具、絵画、CD、本を見つけました。それらの全部が、完璧な状態で捨てられていて、単に「使えるに足る」以上でしたよ。ほとんどのものは、ほんの少し修理しただけで、新品同様に生まれ変わります。

 

081226freegan04.jpg

反大量消費社会的ペストリー
photo by veganstraightedge.

筆者 : 衛生的にはどうなんでしょう? どうやって、汚染されていたり既に腐ってしまっていたりする食べ物をみわけるのですか? 食品の衛生度を確保するような特別な方法はあるんでしょうか?

マーコ・マンリケズ : それはですね、自分が食料品店の内側にいるのか、外側のゴミ箱にいるのか、という違いでしかないんですよ---自分の目と鼻を使うしかありません。カビ、腐敗、変色を見分けるのです。何かヘンな臭いがしたら、それはポイしますよね。食品の入っている缶やバッグが膨らんでいたら、そういうのは避けます。ですが、ここにひとつの真実があります。食料品店は、常に食料の譲与在庫を抱えており、まったく食用に問題がないものであっても、技術的に期限切れのものを、捨てているのです(賞味期限の日付に従って)---ある日には販売可能なのに、次の日には「廃棄」のラベルをはってゴミ箱行きというわけです。ですから、ゴミ箱は常に新しく満たされ、この矛盾によって、僕たちはたっぷりのお恵みを発見できる、というわけです。全体としては、注意深い実践に従うことによって、ゴミ箱から食料品のせいで病気になったり酷い思いをしたり、というようなことはないですし、健康も維持できるというわけです。

筆者 : このことは是非、聞いておかねばなりません。反大量消費社会的であることによって、自分の社会的生活や家族生活に支障が出ることはないのでしょうか?

マーコ・マンリケズ : まったくありません。多くの意味において、反大量消費社会的ライフスタイルは、家庭生活のダイナミズムを増大します。友だち2~3人といっしょにゴミ箱漁りにでかけて、その後その戦利品をワケっこして料理して、というのは外出するのにとても良い理由になりますからね。



Kelly Abbott(原文/粟野雅子)

 
【関連記事】
その1杯のコーヒー、本当に飲みたいものですか?
お酒のレベルを下げずに、酒代を節約するには
野菜摂取と食費節約をサポートするキッチンアイテム
1ドル節約するために、どこまで頑張る?

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.