• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:30 AM

2008年フリーソフト番付(Linux編)

2008年フリーソフト番付(Linux編)

081219ubuntu_laptop.jpg


魏と呉があれば蜀もある(三国志)、武田と上杉がいれば北条もいる(関東三国志)、西新井大師と川崎大師があれば、観福寺大師堂もある(関東厄除け三大師)、というように、Windows編Mac編があればLinux編もあるのは、当然ですよね。ということで、2008年フリーソフト番付第3弾はLinux編をお届けします。みんな知ってるあのソフトから、Linuxユーザー以外は多分知らないソフトまで、今年リリースされた10のフリーソフトをご紹介。「今年は世話になったなー」と思うソフトがあったら、ぽちっと投票してくださいね。

それでは、レビュー紹介投票は以下にて!
 


Firefox 3.1 Beta 1

081219firefox-3.1-beta-1_part2.jpg

何はなくとも、これが真っ先にくるのはLinuxも同じようです。『Firefox3.1』のリリースはそれに値するビッグニュースでした。パブリックBeta版から、正式版のリリースをいまかいまかと待っていたLinuxユーザーも多かったでしょう。Ver.3.1リリースで、「マジすげえバーAwesomebar)」やタブ分離のサポート(米lifehackerの過去記事)やプレビューパネルや「Macbook touch」への対応など、多くの機能が今後も追加される予定です(米lifehackerの過去記事その2:3.1のリリース)。

Dropbox

081219dropbox_linux.jpgこちらも、Windows編Mac編でおなじみ『Dropbox』。オンラインストレージを有料で提供する会社を震え上がらせただけではなく、2GBのフリーストレージで異なる3つ(Windows、Mac、Linux)プラットフォーム間のデータを同期できるようになったことで、OSごとの壁を無くしてしまいました。CONFIGファイルのバックアップ先や、最強のパスワード同期ツールなどとして、オープンソースOSユーザーにとっても、大変便利なソフトです。米lifehackerの紹介記事はこちら

Gmail Backup

081219bestof_gmail_backup.jpg


Gmail(Google Appsやドイツの「Google Mail messages」)のメールデータをローカルにバックアップしてくれる、『Gmail Backup』。Mac OS X版は未だにコマンドラインから入力しなきゃなりませんが、Windows版とLinux版はシンプルに操作できるGUIなので、初心者でも簡単です。目に見えないデータを、目に見えるものとしてくれるだけではなく、Microsoftのメーラーで読み込めるeml形式でバックアップしてくれます。『Thunderbird』でもGmailのバックアップは可能です。

Ubuntu 8.10(+ブート可能なUSBメーカー付き)

081219ubuntu810.jpg

ライフハッカー[日本版]でもたくさん紹介してきました、LinuxディストリビューションUbuntu』も順当にノミネート。仮想化機能の強化など、よりユーザーフレンドリーなものとなりました。米lifehackerでの紹介記事なこちらこちら

Songbird 1.0

081219songbird_otis.jpg

iTunesキラーと目される、『Songbird』の1.0も今年のリリース。バグフィックスもほぼ終わり、LinuxではサポートされていなかったiTunesで買った音楽も再生できるようになりました。『Songbird』をパワーアップさせるアドオンも数多く登場し、Linuxユーザーの「音楽環境」を向上させましたね。米lifehackerの紹介記事はこちら

その他のノミネートフリーソフトには、

●Ubuntu 8.04 "Hardy Heron"
この「Hardy Heron(英語記事)」は実は8.10よりも重要な位置づけと言っていいかも。
参考:Ubuntu 8.04 LTS "Hardy Heron"リリース[engadget 日本版]

●Fedora 10
新機能&機能改善てんこ盛りの『Fedora 10』は、まだ記憶に新しいところですね。

●CrossOver
フリーソフト、と言うのはちと微妙ですが、Linux/Mac上でWindowsを走らせる『CrossOver』が一日だけ無料になった、というニュースもありました。

●WINE 1.0
Windowsアプリのエミュレーター『Wine』のVer.1.0。「Runs Hundreds(何百ものアプリが動く)」というコピーは伊達じゃありません。Chromeもほれこのとおり。米lifehackerの記事はこちら

●RarCrack
プロテクトされたRARやZIPのファイルを、パスワードなしで開いてしまう『RarCrack』。シンプルってのもいいですね。米lifehackerの記事はこちらに。


さてさて、Linuxユーザーのみなさん、お世話になったソフトはありましたでしょうか? 来年はLinuxをイジリ倒してみたい、という方も、ぜひ投票をどうぞ!





Kevin Purdy(原文/訳:常山剛)


【関連記事】
2008年のフリーソフト番付(Windows編)
2008年のフリーソフト番付(Mac編)
2008年に発表されたベストソフトウェア(新作、アップデート版)7選
無料でDLできる!2009年のコンパクトカレンダー
びっくりするほどXPにそっくりなLinuxテーマ
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.