• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   08:30 PM

「Windows 7プレビュー版はVistaより20%早く起動する」が本当かどうかテストしてみました

「Windows 7プレビュー版はVistaより20%早く起動する」が本当かどうかテストしてみました

081106startingwindows.jpgMicrosoft は「いいシステムとは15秒以下で起動するものだ」と宣言しています。そして、先般リリースされたWindows 7 プレビュー版は、15秒以内では起動しませんが、Vistaより20%早く起動しました。「しません」と「しました」のどちらにstrongタグをいれるか非常に迷いましたが、やはりライフハッカー的には前者でしょうかね。

何はともあれ、OS別の起動時間を正確に比較するには、全く同じハードウエアを使う必要があります。ということで、今回新しいPCで「XP」「 Vista」と 「Windows 7プレビュー版」の起動時間を比べました。結果は...Windows 7 プレビュー版のほうがVistaより早かったけれど、XPよりは遅かったのです。下記が機器のスペックなどです。

ハードウエア:
テストで使ったシステムはIntel Core 2 Duo processor 3.16Ghz、RAMは4GB 。XP、 Vista、Windows 7 プレビュー版(以下、「Win 7」) のたったひとつの差は、Win7はIDEのHDDへインストールされたのに対し、XP とVistaはSATA HDDからブートされること。SATAのほうがIDEよりよく動くのでWin 7は少ーし不利になります。また使っているWin 7は先月のPDCで配布された「プレビューβ版」なので、β版よりも前段階のバージョンで、完璧なものではないです。最終版ではもっとよくなる可能性があります。

テスト方法:
3つのOSを同時に使うので、時間は手持ちのタイマーで計りました。方法は「Choose your operating system」の画面が出てから、ユーザーログインのスクリーンが出るまでの時間を計測します。デスクトップ画面の起動までの時間は入れていません。その理由は、スタートアップ項目の種類や数により時間が変わってくるから。本当にシンプルなオペレーティングシステムの起動時間を計ったテストで、デスクトップやBIOSについては何も入れていません。

081106windowsstartupchoice.jpg

気になる結果は、以下にて。
 


OSログイン画面表示までのタイム
Windows 7 Ultimate
(Preview、PDC edition)
27秒
Windows vista34秒
Windows XP Professional27秒


結果:
Windows 7 プレビュー版はVistaより20.6%も早く起動しましたが、XPの起動時間とは全く同じ時間になりました。でも、Windows 7 プレビュー版は遅いIDEドライブで動かしたので、その点は考慮しておくべきかもしれません。

ちなみにのライフハッカー読者の23%が、「自分のコンピュータは30秒以内で起動する」と答えています。よって、Windows 7 の起動時間が早いことは、魅力的とまではいかないけれど、感謝される機能になりそうですね。今後の開発進捗が楽しみです。


Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)


【関連記事】
Windows7の新機能「Aero Peek」機能をじっくり検証してみる(動画あり)
Around30~40の哀愁を誘う、Windows 3.xスレ(動画)
【アンケート】コンピュータを起動するまでに何分かかる?
「Startup Delayer」でPC起動をスムーズに!
主要ブラウザ対抗スピードテスト(最新版)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.