• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   10:00 AM

今までの運動前のストレッチ方法は間違っている!?

今までの運動前のストレッチ方法は間違っている!?

081110stretching.jpg運動前にストレッチをする必要があるというのは、みんなが知っていることですよね? でも、ニューヨークタイムズによると、よく知られているストレッチ方法の認識は間違っているそうです。

研究者によると、多くのアスリートがウォームアップのためにおこなっているストレッチは、時間の無駄になるだけでなく、身体に良くないそうです。昔から言われている「身体を伸ばす時は20〜30秒身体を静止させておこなうと、筋肉が準備される」というのは全くもって、間違い。実は筋肉を弱くしてしまうのです。

でも、身体を静止させるストレッチ方法が間違っているのなら、どうすれば筋肉を傷つけずに身体をウォームアップすればいいのでしょうか? 記事によると:

正しいウォームアップをおこなうには、次の2つが重要です。
筋肉と腱を緩めて関節の動きを上げること、そして、文字通り身体を温めることです。

その方法としては、軽いウォームアップ運動体温を上げることが提案されています。必ず軽い程度にしておくことと、本格的なワークアウトの直前におこなうようにするのがポイント。

さらに、具体的なストレッチ方法としては、今までの静止型のストレッチのではなく、身体を動かしながら筋肉を動かすダイナミック・ストレッチを行なうと良いと書かれています。スウィング足の上げ下げ、スパイダーマン(壁を登るような感じで、手足を使って床を大きく動くこと)などが良いようです。時々エクササイズする人も、運動が大好き! という人も、正しいウォームアップ方法をもっと詳しく知りたい人は、ネタ元の記事に当たってみてください。

 
Stretching: The Truth [NYT]

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)

 
【関連記事】
IT関係の人に贈る、お手軽フィットネス術・7つのコツ 
まとめ:秋だ! いまこそ 腕立て伏せ !
ハイテクなガジェットを買わなくてもすぐに使える走行距離測定~ジョギングシミュレーター(無料)
脳のストレッチ、それに「カイゼン」のススメ
これであなたもエクササイズの虜になる! アイデア&ITツール
 


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.