• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  -   10:00 PM

米Lifehackerが選んだ、史上最強のマウス10選

米Lifehackerが選んだ、史上最強のマウス10選

081113askreadermouseroundup.jpg

 
以前日本版でも読者のみなさんにお尋ねしましたが、米Lifehackerでは100個以上のマウスをテストしてみて、史上最強といえるものを選出したそうです。

※ メモ : 選ばれたマウスが既に販売中止になっていても、新しいモデルや発売予定のものが同じような性能だと確認できた場合は、新モデルへのリンクを貼っています。ですが、テスト自体は古いもので調査しましたことをご了承ください。

ゲームに適したものからラップトップにもってこいのものまで、10個紹介しています。さてさて、この中にあなたの求める究極のマウスが見つかるでしょうか? 以下にてご確認を!

 


-------------------------------
ユルカン PC Life

この記事は「ユルカン PC Life」のサポートを受けています。

-------------------------------

 

081113_230542.jpg

Logitech TrackMan
平均価格: 5600円前後

これは米Lifehackerのジェイソン記者のお気に入りのマウスでもあって、もう10年ほど使っているのだそうです。彼の周りにはトラックボール愛好者はほとんどいないのですが、Lifehackerの読者にはコアなファンがいるはずだ、と確信していたそうです。このマウスを気に入っている人が言うには、親指でトラックボールを操作することでRSI(反復性のストレス障害)を軽減させることができるのだそうですよ。トラックボールを使えば、マウス自体を動かさなくていいので、限られたデスクスペースでの利用にも長けています。

 

081113_231811.jpg

Logitech MX Revolution
平均価格: 11000円前後


机の上で動かして使うタイプのマウスとしては最も人気のあるのがこれです。左側のへこみは一見違和感があるかもしれませんが、実際に手を当ててみると快適で、従来のマウスよりも自然な形で手がマウスに乗るんですよ。親指をあてるへこみにはホイールがあって、 キーボードでAltとTabを押した時のように、アプリケーションを入れ替えることができます。マウス上部にあるホイールにはLogitechのMicroGearテクノロジーが使われているので、より速く、スムーズにスクロールをすることができます。

 

081113_091703.jpg

Logitech G5
平均価格: 6250円前後

このマウスはゲーマー用という認識ですが、「G5」を選んだ読者の多くは自宅でデスクトップを使う人にも適していると言っています。マウスの下部にはトレイがあり、マウスの重さをプラス36グラムまで、使う人が好きなように変えることができます。マウス感度はアプリケーションごとに、400dpi、800dpi、2000dpiと3つのレベルで設定できます。

 

081113_093831.jpg

Logitech MX 1000/1100
平均価格: 6400円前後

初のレーザーマウス、「MX1000」は既に製造中止になっていますが、新しい物好きですぐにレーザーマウスに飛びついた読者はまだ使っているかもしれませんね。次のモデルの「MX1100」もほとんど同じ機能です。これは大きめのマウスなので、手の大きな人に特に好まれます。「MX1100」にもMicroGearのスクロールホイールがついていて、面積の広いサイトやスプレッドシートの上を動かすのに便利です。

 

081113_094841.jpg

Logitech MX 510/518
平均価格: 3400円前後

Logitechの他のラインに比べると派手さはなく、マウス感度も1800dpiとやや劣るのですが、「MX518」は、$70の「Revolution」よりずいぶん安くなっています。安くても、「MX518」にはプログラム可能なボタンが8つも、押しやすいところについているんですよ。

 

081113_101205.jpg

Logitech VX Nano
平均価格: 8750円前後

「The Logitech VX Nano」はラップトップ用のマウスとして一番優れたものです。読者は、USBレシーバーが小さいのが特に便利な点だと挙げています。小さいので、常にラップトップに挿しておいても邪魔にならないし、そのまま持ち運んだとしても、ラップトップやUSBにダメージを与えることがないのです。もちろん、レシーバーを収納したい場合はマウス本体に格納場所にスマートにしまうことができます 。「Nano」は 小型ですが、Logitechの他のマウスのようにスクロールが速く、プログラムできるボタンが5つついています。

 

081113_102004.jpg

Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000
平均価格: 6400円前後

マウスはLogitechの一人勝ちと思いきや、Microsoftも負けてはいません。「Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000」の取り柄は名前が長いだけではないんですよ。「Revolution」の親指ボタンでAlt+Tabの機能ができるように、「Laser Mouse 6000」のスクロールホイールでは、アプリケーションを選択することができます。読者の多くは、「Laser Mouse 6000」を使う時の手の角度は、手首の痛みを軽減させるとコメントしています。「Laser Mouse 6000」は、バッテリーの寿命も十分です。

 

081113_104732.jpg

Evoluent Vertical Mouse
平均価格: 日本未発売

「Evoluent Vertical Mouse」を使ってみた人は、このマウスだったら手の痛みを和らげることができると口を揃えます。このマウスの写真だけ、マウスを使っている状態の画像だと言うことにお気づきですか? これは、外側に3つ並んだボタンの使い方をわかりやすく示すためです。「Evoluent」が快適なのは、マウスを掴む手が垂直になるからです。手のひらを下向きにしないで、握手をするような形でマウスを掴むことによって、手首を不自然な形にひねってしまうのを防ぐことができます。形状以外に「Evoluent」で特筆すべきことは、ブログラム可能なボタン、スムーズなスクロールホイール、小指がマウスから滑り落ちて机に当たらないようについているゴムの滑り止めです。

 

081113_110239.jpg

Kensington Expert Trackball
平均価格: 10750円前後

「Kensington Expert」は「Logitech TrackMan」と同じように、静止させた状態で使うマウスです。「Logitech TrackMan」と違うところは、トラックボールがマウスの中央にあり、やや大きめだということです。「Kensington Expert」で最も評価が高いのは、スクロールリングです。トラックボールの周りを囲んでいるのがスクロールリングで、指先で回したり、掴んだりして、ドキュメントやページを手早くスクロールすることができます。 「Expert」についているジェルパッドは小さめですが、手首を休めることができて、エルゴノミクス的にも優れたデザインです。

 

081113_111843.jpg

Wacom Tablet
平均価格: 8250円前後

読者の中には、マウスを使うのをやめてしまい、代わりにグラフィックタブレットを使っている人もいます。初めてタブレットを使う人には写真の、7000円程度の「Wacom Bamboo」がオススメです。慣れてきてもうすこし複雑な機能を備えたものが欲しくなったら、お金はかかりますが、ハイエンドなもの、大型のモデルもあります。マウスの種類を変えるより、マウスをやめてタブレットにする方が大きな変化ではありますが、「Evoluent」のように、タブレットは自然な体勢で使えるので、体の痛みを軽減できるのだそうです。1~2週間使ってみれば、タブレットにはすぐ慣れますよ。

 
どうでしたか? 使ってみたいマウスはありました? あなたのお気に入りのマウス、気になっているマウスがあったら、コメント欄で教えてくださいね。ちなみに、MacBookを持ってカフェや図書館などをさすらう私は、もう何年もマウスを使っていなかったのですが、最近「 Logitech V450 Nano Optical Mouse- Red」が気になっています。


Jason Fitzpatrick (原文/訳:山内純子) 

 
【関連記事】
史上最強のマウスっていったいどんなの?
ノートパソコンに貼り付けるマウス「Logitech V550」
Macでは、右クリックに「enter」を仕込むとチョー便利
『ClickGone』を使えばマウスで簡単にアプリをクローズ
『Altmove』でマウスをレベルアップ(無料)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.