• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:30 PM

通勤時間に ToDo 管理

通勤時間に ToDo 管理

081129todo.jpg
Photo by dh


編集委員のひらたです。

日本の片隅でおとなしくしているつもりなのに、米国発の金融恐慌になぜか巻き込まれて忙しくなってしまいました。今回はこまごました仕事がたくさん増えたので、やらないといけない仕事を忘れてしまわないように、いや、忘れてしまっても困らないように、ToDo を 『Remember The Milk』をつかって管理してみることにしました。

Remember The Milk (RTM)』 は、米国発のブラウザベースで簡単に利用できる ToDo 管理ツール。メールで登録したり、リマインダーをメールやインスタントメッセンジャーで受けとったり、タグをつけたりといろんな機能がついています。RTM を使うと、ToDo 管理が簡単になります。とりあえず使うだけなら無料で登録できるので、おすすめです。

気になるToDo 管理のポイントは、以下からどうぞ。
 


ToDo 管理のポイントは、タスクを忘れずに登録すること。といっても、基本はタスクの名前と〆切と優先度を RTM に入れておくだけでリストが完成です。普段、仕事を引き受けるときには、とりあえず RTM に ToDo として登録しましょう。このとき、仮にでもいいから、〆切を入れておくのがポイントです。日付順に並べてくれるので、仕事がどれくらい溜っているのかが一目瞭然になりますので、引き受けるときに、RTM をブラウザで開いて、その場でリストを睨みながら〆切も決めるほうが無難でしょう。登録したら、また、いまやっていたタスクに戻ります。

ToDo 管理のもうひとつのポイントはタスクの整理です。仕事量が増えてくると、自らをひたすらタスクを片付ける「マシーン」化して、タスク管理など忘れたいものです。なので、朝一番の時間に、当日のタスクを確認、決めてしまうのがいいです。ということで、ここで、iPhone の出番。iPhone 用の RTM アプリ(iTunes App Storeへリンク)を使うと、オフラインでも RTM のタスクの整理ができるようになります。わたしの通勤ルートはほとんど地下鉄なので、とてもありがたいです。通勤時間に RTM にアクセスして、タスクの整理をして、当日の ToDo をまとめることができます。それぞれのタスクの〆切を睨みつつ、当日中に片付けなければならない仕事の優先度を高くして、順番に並べておきます。これで朝あわてて家を飛びだしても、会社についたときには準備完了、すぐに仕事にとりかかることができます。

紹介した iPhone 版のアプリを使うには、RTM の Pro 版が必要です。料金は年間25ドル。金融恐慌のおかげで円高になったので、ちょっと安くなって2500円弱ですね。高いと思うかどうかはみなさまにおまかせです。ちなみに、機能は劣りますが、iPhone でなくても、モバイルブラウザ用のインターフェイスもあります。

実際のところ、通勤時間中に ToDo を整理する、というのがポイントなので、iPhone がなくても紙でもできない話ではありません。通勤時間中に ToDo 管理するようになったのは、2000年の春、あのときは Palm V を使っていました。はい。


ライフハッカー[日本版]編集委員・平田大治)


【 iTunes で「Remember The Milk」の詳細を見る 】


【関連記事】
平田セレクション・気になる記事TOP5(08年10月版)
プロジェクターを使って楽しく書類作り
平田流ライフハック・自宅サーバの運用Tips
平田流メールハック7カ条 - イベントで言ったことは冗談ではないんです
ライフハッカー読者のデスクトップを参考に、生産性を上げてみる

UPDATE:誤植を修正しました。ご指摘コメントありがとうございました。
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.