• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  11:30 AM

会議中、「でも...」という言葉を使わない方が良い3つの理由

会議中、「でも...」という言葉を使わない方が良い3つの理由

080930_palm.jpg

photo by Shay.

会議において、「でも...」という言葉を使うのは止めましょう。

相手をイラっとさせ、会議におけるコミュニケーションを阻害する結果を招いてしまいます。今回は、「でも...」という言葉を言わない方が良い3つの理由についてご紹介致します。

詳細は、以下にて。
 



1. 話を聞いてないと思わせるから

「でも...」という言葉の後には自分の主張続きます。相手の意見を聞いてすぐに、「でも...」と切り返すことは、相手の意見を聞かずに自分の意見の押し付けることになります。そして、相手に「自分の話を聞いていない」という印象を強く与えてしまい相手を不愉快にさせてしまいす。「でも...」と言いたくなったときの対策方法ですが、まずは相手の意見について認めてあげることが大切です。例えば、「確かに、そのような考え方もありますね。」と表現するだけでも印象は変わってきます。自分の意見を押し殺して、相手の意見を肯定するのではありません。相手がそのような考え方を持っていること自体を認めてあげれば良いのです。

2. 相手の意見が否定されていると感じるから

「でも...」という言葉は、「しかし」という接続詞同様に逆説を表します。この言葉を放たれた瞬間に、相手は自分の意見を否定されたと感じます。自分の意見が考慮もなく否定されるほどイラっとすることはありません。まずは、相手の意見を受け止めてあげるという行為は何よりも大切なことのようです。納得できることについては、「確かに、そのような考え方もありますね。」と表現し、納得しかねる内容であれば「そのような考え方もあるんですね。」と表現してもいいかもしれません。

3. 自分の主張が相手に伝わらないから

「でも...」という言葉は、相手をイラっとさせるだけではなく、「でも...」以降に続く自分の言葉も相手に届きにくくなります。自分の話をまともに聞いてくれなった人に対して、話を聞いてあげようと前向きな気持ちになれるでしょうか? どんなに素晴らしい主張であっても、聞き手が「聞こう」と思ってなければまったく伝わりません。「でも...」という言葉によって、相手を不快にさせるだけはなく、自分の意見を伝わりにくくさせる言葉のようです。

皆様の厳しい意見をお待ちしております。

 
(山場ヤスヒロ)

 
【関連記事】
会議の時間を簡単にセッティングする方法
お願いのメールをサラッと書ける言い回し
聞き上手になる第1歩は、相手の身ぶりをまねること
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.