• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,  09:00 AM

あなたの名字は世界のどこに一番多い?

あなたの名字は世界のどこに一番多い?

080912name.jpg自分の名字が世界のどこで一番多いのか、瞬時に分かるウェブサイトがあります。それが「Public Profiler's World Names search」というサイト。

やり方は簡単。自分の名字をローマ字で入れて検索すると、世界地図の中にあなたの名前がどの地域で一番多いかが出てくるんです! 米ライフハッカー編集部のGina Trapaniさんの名字は、イタリア、アルゼンチン(イタリア系が多い)が多かったそうです。さらに、地図の下にアメリカ国内でどこに一番多くいる名字か(Trapaniさんは1位バーモント州、2位ニューヨーク州)、さらに一緒に来る名前で一番よくある名前(Trapaniさんは1位Lucia、2位 Paola、3位James)も紹介しています。使った人のこの感想にもあるように、瞬時に名前のトレンドが分かるNameVoyagerと一緒に使うと、赤ちゃんの名前を決めたりする時にも便利かも。

ちなみに、訳している私「Akutsu」を入れてみたら、日本が最も多いけれど、なぜかノルウェーやカナダにもちらほら。さらに「Osada」を検索したら、なんと一番多いのはポーランド! という風に、意外な発見もあり、日本人の名前でも、かなり楽しめますよ。


World Names Profiler [via Waxy]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)


【関連記事】
全米の名字の分布がひと目で分かる「Dynastree」
家系図をサクサク作成できる「Itsourtree.com」
人名WEB検索「Pipl」がアップデート
全然読めそうにない名前を発音してくれるサイト
家族のルールをビジネスに生かす
 
 


  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.