• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

adminadmin  -   11:30 AM

話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉

話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉

080902girl.jpg

photo by jal0021.

デートで女の子と話をしたとき、話が噛み合わなくて気まずい空気になった経験はありませんか? 

そのような経験がある方は、女の子に「言ってはいけない言葉」をしっかり理解していない恐れがあります。実は、女の子とデートで会話を楽しむとき注意すべき、「言ってはいけない言葉」があります。この言葉は女の子を不機嫌にさせてしまう恐ろしい言葉です。今回は、「話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉」をご紹介致します。

詳細は以下にて。
 


1. 「○○すればよかったじゃん。」

解決策を提示する言葉です。女の子の話を聞いた上で、「○○すればよかったじゃん。」と勝手に解決策を提示する男性が多くいるようです。しかし、女の子は「解決策の提示」は求めていません。このような解決策の提示によって、女の子の会話における満足度は著しく低下します。女の子から、「どうすれば良かったと思う?」と解決策を問われたときだけ、解決策を考えるようにしましょう。

2. 「それって、よくある話だよね。」「それって、一般的な話だよね。」

女の子の話を一方的に一般化する言葉です。女の子が発信するメッセージに「よくある話」や「一般的な話」はないと思ってください。すべてのエピソードは、当事者の女の子にとっては特別な出来事です。女の子が話す内容が、些細な出来事であっても、「それって、よくある話だよね。」「それって、一般的な話だよね。」と勝手に判断してはいけません。「どのような点でその女の子のエピソードが特別なのか?」という視点で話を聞いてあげる必要があります。

3. 「俺なんかね...」

自分の話に展開する言葉です。残念ながら、女の子が話をしているときは、あなた自身のエピソードは求められておりません。求めているのは、女の子自身が話したことを受け止めてもらうことです。自分自身のエピソードは、女の子が求めてきたときだけ答えるようにしましょう。人は話したいことを話し、聞きたいことのみを聞く生き物です。いくらあなたが自分の話を話したくても、女の子に聞く意思がなければ、聞き入れてもらえません。

みなさん(特に女性)の手厳しい意見をお待ちしております。

 
(山場ヤスヒロ)

 
【関連記事】
女の子に仕事の話をするときの5つのコツ
ぼくらのキスマークを消す方法
聞き上手になる第1歩は、相手の身ぶりをまねること
 

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.