• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ゲストライター  - ,,,  10:00 AM

『Virtual Volumes View』でバックアップデータをインデックス管理(フリーソフト)

『Virtual Volumes View』でバックアップデータをインデックス管理(フリーソフト)

080824vvv_screen.jpg
捨てられないのは家の中だけじゃなくて、ハードディスク内も同じ。物理的にスペースを取らないからいいか、という時代は足早に過ぎ去り、外付けHDDやらバックアップCDやらが部屋に散乱。一体どこに何があるのやら? 何も書かれていないこの無口なCDには何が入っていらっしゃるのか?

ネットワーク上だか、ネット上だかに自動的にデータをバックアップしてくれる安全なサービスが手軽にあれば良いのですが、なかなかどうして、一般の家庭でのパソコンデータのバックアップとなるとCDに焼いたりDVDに焼いたりすることが多いですよね。

そうであれば仕方がない。覚悟を決めた、ある雨の日曜日にデータのバックアップを取って、これで家内安全、健康第一、備えあれば憂いなし。と思うのも束の間。特定のデータを探している時にこのDVDの山の中のどこにデータが入っているのか、という次の問題に直面するわけです。

そんな問題の解決に、果敢に挑戦してくれるのがこのフリーソフト『Virtual Volumes View (VVV)』。このインデックス用アプリを使えば、どのファイルがどのDVDにバックアップされたのかを覚えていてくれるのです。手持ちのバックアップDVDを、VVVに一度読み込ませておけば、次回からはVVV内でディスクとそのコンテンツを表示させること可能。

検索すればロケーションが分かるので、一枚一枚入れて確認する手間が省けます。表示形式もディスクごとの物理ビュー、または1つのファイルシステムとしての仮想ビューが選択可能。MP3のメタデータやファイルの復元に必要なファイルだけを探し当てたり、と活躍の場面は結構多そうです。新規ディスクなのか、それとも既存データにあるDVDの更新版なのかも判断してくれるので、保存データが重複するのも防げます

Virtual Volumes ViewはWindows/Mac/Linux対応のフリーソフト。
Linuxユーザの方で詳しいインストール方法を知りたい方は「Linux.com」のリンク先を参照してください。

それにしても安心できるデータの保存法をなんとか発明してもらいたいもんですよね。

あと、捨てる勇気というのはどこでダウンロードできるんでしょうか?


Virtual Volumes View [via Linux.com]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)


【関連記事】
『Griffith』で映画コレクションを一括管理(無料)
プロジェクトの時間管理に便利なフリーソフト
「Totally Free Burner」でCD・DVD作成をシンプルに!
 


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.