• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

手作りグッズで夏を乗り切れ!〜10の方法〜

手作りグッズで夏を乗り切れ!〜10の方法〜

080717summerprojects_splash.jpg

 
暑い夏。でも、暑さでうだるばかりでは時間がもったいない...。

そこでおすすめなのが、今回紹介する10DIYアイデア。自家製エアコン、ビデオカメラの防水カバー、太陽光の力で作るサン・ティーなど、夏の暑さをしのいだり、逆に暑さを利用して作るものばかり。夏休みや週末に時間ができたときにピッタリなので、これを読んだらホームセンターで材料を揃え、家の工具でやってみましょう!

詳細は、以下(↓)にてご確認を。


 

080717summerprojects_10.jpg
10.自家製グッズでアリを撃退

暑いと出てくる、アリの大群。

でも、化学物質でできたアリホイホイや、高い費用を払ってアリの駆除業者を頼む必要はなし。そのかわり、アリが入ってくる入り口にベビーパウダーをまくだけで、アリは匂いにやられてしまい、侵入不可能に。でも、この場合は死ぬというよりは、動きがおかしくなって出て行く、という感じ。

ちなみに、もっと本格的なのは、このリンク先の自家製のアリ撃退グッズ。

 

080717summerprojects_09.jpg
9. スーパーやコンビニのレジ袋でトートバッグを制作

初心者向きではないけれど、チャレンジングな人におすすめなのは、スーパーやコンビニのレジ袋から作る、リサイクルのトートバッグ作り。メッシュになっているので砂がおちるし、ビニール袋で作るので、防水もバッチリ。

このサイトの「ビニール袋を使った布の作り方」を見てみると、ビニール袋を折り曲げて、それを切って、結び目を作ってまずは布を作るのが最初の段階。その後、その布からメッシュのバッグを作るという工程です。なんだか時間がかかりそうだけど、DIY好きにはいいかも。


080717summerprojects_08.jpg
8. 化学薬品を使わない虫除けの方法

楽しいピクニックやキャンプを邪魔する存在といえば、ハチやガ、ハエなどの大きな虫。その対策に便利なのが、このサイトで紹介しているスズメバチの罠。洗面器に水をためて、そこに洗剤を入れ、混ぜて(ただし泡立てないように)、小さな魚の切り身をひっかけた仕掛けを置けば、できあがり! 

また、化学薬品でできた殺傷性の強い殺虫剤はいやだな、という人にはこの自家製虫よけがおすすめ。このサイトによると、台所用洗剤(何でもよし)と水を混ぜて、スプレーするだけで効くらしい。お金がかからないのもメリットですね!


080717summerprojects_07.jpg
7.子どもたちもびっくり! の巨大シャボン玉

子どもや子どもの遊び心を失わない大人みんなの夢の1つが、大きなシャボン玉を作ること。そのために何度もシャボン玉づくりに没頭して...というプロセスを全部とばして、大きなシャボン玉作りに挑戦。

方法は、1980年代に流行ったBUBBLE THINGに似たものを自分で作ってしまうだけ。ちなみにBUBBLE THINGのHPはこちらです。


080717summerprojects_06.jpg
6. 太陽で作る、お茶やバーバキューソース

太陽で作るお茶、サン・ティーとは、水にティーバッグを入れて直射日光に当てて作るお茶のこと。どうやら欧米ではこれが流行ったらしいけれど、アメリカ政府の衛生局から「バクテリアが増えるので、飲むと健康に害を及ぼす危険性があります。やめてください」と言われているのだとか。でも美味しいらしいけれど...。

他にも材料を照らして太陽に照らしておくだけでできるBBQソースのレシピもあります。怖いものみたさでやってみる?

 

080717summerprojects_05.jpg
5. 太陽光でクッキング

夏にオーブンを使うのは暑い! それに、料理にかかる長い時間がネック。それなら、太陽光を使った、ゆっくり、のんびりクッキングは? 

太陽光のオーブンは買ってもいいし、段ボールの紙で手作りするのも楽しいかも。ちょっとした野菜を焼いたりするのに便利だし、遊びに来た人はみんな、感動するはず。


080717summerprojects_04.jpg
4. 直射日光を遮るカーテン

直射日光が部屋に当たると、家の中が灼熱地獄に...。その対策として、直射日光を遮るカーテンを作ってみましょう。こうすれば部屋はちょっと薄暗くなるけれど、エアコンをたくさん使わずに済み、電気代がかさまないのもメリット。お店で買ってもいいし、ブロガーのエミリーさんのこのサイトの方法を読んで、手作りに挑戦するのもおすすめ。

ちなみに、直射日光を完璧にブロック!というより部分的にブロックする感じで充分効果があるので、少しくらい日光が入っても気にしなくて大丈夫。

 

080717summerprojects_03.jpg
3. 自家製エアコンを作る3つの方法

エアコンを買うお金が足りない人は、この3000円程度でエアコンを作る方法をチェック。長いバケツを扇風機の近くに置き、冷たい風を出す仕組み。サイトを見てみると、これなら日本でも扇風機を使って気軽に作れそう。アップグレード編には、ウォーターポンプを追加。さらに上級編は、ピートさんによる自家製エアコンの作り方のサイトへ。

ええい、でももっと簡単にやりたいよ~、という場合は、ボールに氷水を入れて、扇風機の前に置いて扇風機をかけてみるだけでも効果は絶大!


2. ビデオカメラの防水カバーを手作り

キップ・ケイさんが考えた防水カバーはスゴイ! なんと1500円くらいで、ビデオカメラの防水カバーができてしまうのです。

材料は、50口径の実弾ボックス(アメリカではアーミーストアに必ず置いてあるらしい)、プレキシグラス(アクリルでできた板)、防水機能がある接着材、ベルクロテープ(マジックテープのようなもの)。かかる時間は1~2時間。できたら早速、海辺やプールで活用を。素晴しいショットが撮れるはず!


080717summerprojects_01.jpg
1. たった2分で飲み物を冷却

友達や恋人が家に来るまであと数分。食べ物の準備は完了。でも、飲み物を冷やし忘れていた! という時に便利なのがこの方法

バケツに氷と塩少々を入れて、その中で飲み物の缶やボトルを回すと、たった2分だ冷えるのだそう。ちなみにこの情報源のサイトに書いてある「消化器を缶に吹きかけるとあっという間に冷える」というのを実践すると、後始末が大変なので、要注意を。

さあ、お気に入りのプロジェクトを見つけたら、夏休みや週末に、レッツ・トライ!

 
Kevin Purdy(原文/訳:阿久津美穂)
 

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.